ヘッダー画像

タグ「玉子」

イエローカレーオムライス

昨日はイースターだったので何か卵料理を、ということでオムライスにしました。
卵の下にあるご飯には、KALDI で購入したロイタイのイエローカレーを使用しています。

イエローカレーは、グリーンカレーやレッドカレーに比べてマイルドなのですが、それでも辛いので卵で更にマイルドにしています。
娘には辛すぎるかなと心配したけれど、完食してくれました。それどころか、お代わりまで!玉子との組み合わせが気に入ったみたい。
スクランブルエッグを自分で作ったというのも影響したのかな。

レシピは、ロイタイのレシピ本に載っていたカレーピラフを参考にしています。
ちなみにこのレシピ本、KALDI でロイタイ製品を購入したときにもらったもので、非売品だと思います。最近夫が押入の整理をした時に見つけてくれました。
続きを読む »

イチゴのカスタードサンド

先日、立派なあまおうをたくさん頂きました!
娘がイチゴのサンドイッチを食べたいと言ったのを思い出したので、手作りカスタードクリームでサンドイッチを作りました。
カスタードクリームは、ふつうは卵黄のみを使って作るのだけれど、卵白の使い道に困るので全卵で作ります。卵白が入る分、色は少し薄めです。
でも、味はきちんとカスタードクリームなので問題なしです♪
朝食用に作るなら、前日の夜にクリームだけ作っておくといいですよ。
寝てる間にクリームが冷えて、時短になります。

せっかくなので、オープンサンドとふつうのサンドイッチの2種類作りました。
フルーツのオープンサンドはインスタグラムでよく見かけて気になってたんですよね。イチゴやキウイ、オレンジなどの色々なフルーツを組み合わせていてとっても可愛いのです。

今日は他のフルーツが無かったので、イチゴだけのオープンサンドです。やっぱり、イチゴだけだと寂しいなー。でも、食べたときにあまおうを堪能できたので良かったです!

イチゴとカスタードのサンドイッチは、クリームたっぷり★
ホイップクリームも一緒にはさんで、ダブルクリームにしても豪華で美味しいと思います。我が家は、娘が生クリームをそこまで好きではないので、省略しました。

甘酸っぱくてジューシーなイチゴと、まったりとしたクリームのバランスがよくて、何個でも食べたくなります。
娘も「これこれー!これが食べたかったの!」と大喜び。
が、「まぁ、本当はクロワッサンが良かったんだけどねー」とも言っていて…。
母、リサーチ不足でした(^^;)

「クリームが既製品じゃなくて嬉しいなー。今度はクロワッサンで作ってね!」
褒め上手な娘です。また作ってあげたいなー。
続きを読む »

「モランボン」のチャプチェで卵とじ丼

レシピブログ経由で、モランボンの「韓の食菜」シリーズから「チャプチェ」「塩チャプチェ」「豚キムチ」を頂きました。

おうちで手軽に韓国料理。人気のチェプチェをつくろう!というテーマで、チャプチェの簡単なレシピを考えます。

まずは間違いなく相性の良い、玉子を使ったレシピです。

基本のレシピよりも汁気を多くし、玉子でとじるだけの簡単な丼ものです。
野菜を多めに入れて卵とじにしたので、1パック2〜3人前を4人前に増量できました。

調理していて感じたのは、作りやすさです。
春雨が通常の半分くらいに短くカットされているので、そのままフライパンに入れてもはみ出ないのです。
ソースに野菜(たけのこ、にんじん、椎茸、キクラゲ)が入っているのも嬉しかったです。

韓国料理だけど、日本でいうすき焼き丼みたいな雰囲気で、すき焼きが好きなら間違いなくおすすめです!
思っていたよりも辛くなかったので、娘(小学2年生)も美味しく食べられたようです。
玉子でとじてまろやかになったのが気に入ったようで、お代わりまでしてました。
夫も「美味しい美味しい。料理の素はこんなに進化してるんだね」と感心していました。
家族全員、チャプチェのトリコになりそうです。さすがはモランボンさん。
続きを読む »

「クリスケット」でサクッと軽いピザトースト

レシピブログさま経由で頂いたデルソーレの「甘くないデニッシュ クリスケット」を使用したピザトーストです。
先日は甘いオープンサンドにしましたが、今回は食事系で。パン自体が甘くないので、食事パンにもデザートパンにもできるのがありがたいです。

今回は、朝食の定番「ピザトースト」にしてみました。
定番と言っても、私自身はピザトーストがあまり好きではないのです。チーズが溶けるまでトーストすると、パンが硬くなってしまいがちで、朝に食べるとちょっと疲れてしまうんです。

でも、クリスケットなら軽い食感なので食べやすい!
小さめのサイズ感もちょうど良くて、食べたい量を個数で調節できるのも嬉しいですね。
続きを読む »

ゆで卵入り柔らかミートローフ

DSCN0575

去年のクリスマスに作ったミートローフをまた作りました。
クリスマスの時はパウンドケーキの型を使って焼きましたが、今回は手で成型しました。
ゆでたまごが入るので、型がなくても十分高さが出ます。

下の写真は、クリスマスの時のミートローフ。
ベーコンを巻いていて、少し豪華バージョンです。

DSCN0550

ソースはミートローフにかけるよりも、別皿に入れて添えるのをオススメします。
ミートローフ自体、ソース無しでもおいしくなるように味付けされていますし、見た目も損なわないので。
上の写真(クリスマスバージョン)は、ソースをかけているので、少し残念なビジュアルになってしまいました。

このミートローフ、フライパンでも焼けることは焼けるのですが、高さをうまく出せないのと、焦げないように付きっきりじゃないといけないので断然オーブンがオススメです。

DSCN0573

この作り方だと野菜もつなぎも多めに入っているので、柔らかい仕上がりになっています。
柔らかいから、子供にも嬉しいんじゃないかな。あと、知らないうちにお野菜をたくさん食べられるのもいいですよ。
野菜をたくさん入れることで、甘みと旨味が加わっています。
わが家では、ハンバーグよりも美味しいと太鼓判をもらいました。
続きを読む »

▲ページの先頭へ戻る