ヘッダー画像

タグ「鶏むね肉」

ガーリックチキンピカタ<スパイス大使>

dscn0517

今月のスパイス大使のテーマ、肉料理のレシピです。
お財布に優しい鶏胸肉を使ってピカタを作りました。
淡白なむね肉ですが、ガーリックをたっぷりとまぶしたので風味豊かになりました。

dscn0520

お肉を叩いているので柔らかくなっています。
また、卵でコーティングしているのでお肉のジューシーさが保たれてます。

dscn0518

肉料理の料理レシピ

続きを読む »

鶏肉と春雨のタイ風サラダ【スパイス大使】

IMAG1246

スパイスクッキングアジアン屋台街<タイ風春雨サラダ>を使ってサラダを作りました。
商品パッケージの写真ではひき肉やエビを使っていますが、私は安い材料を使って節約レシピに挑戦します。

使用した鶏むね肉もやしは節約料理の食材の代表格じゃないでしょうか。
どちらもさっぱり系の食材で、サラダにピタッとはまります。

IMAG1247

スパイスクッキングアジアン屋台街<タイ風春雨サラダ>で作ったサラダは、見た目は涼しげで爽やかな感じがします。
ピリ辛で、パクチーの香りとナンプラーの旨味が主張しすぎていなくてちょうどいい感じ。

ここにトマトやパプリカを少し加えると、グッと華やかになりますね。

続きを読む »

塩麹でやわらか鶏むね肉の洋風ソテー

IMAG0062

スパイス大使モニターで送っていただいた GABAN エルブ・ド・プロバンスを使用したレシピです。

ワインに合う料理レシピ

エルブ・ド・プロバンスとは、南フランスのプロバンス地方発祥のミックスハーブのことを言います。
メーカーによって調合しているハーブの中身は異なっていて、GABAN はタイム、ローズマリー、セージ、バジルが入っています。
調理の仕上げに振りかけるのではなく、調理の過程で使用するハーブです。

IMAG0064

今回は、チキンソテーの下味をつける際に使用しました。
少し加えるだけで、ヨーロッパ風の爽やかな香りをつけることができます。

IMAG0063
続きを読む »

さとらんどで札幌黄を使った料理を習ってきました!

さとらんどでイタリアン教室

9月の事ですが、札幌市東区の「さっぽろさとらんど」で行われた料理教室に参加してきました!
9月って先々月ですね …(汗)いつのこっちゃって感じですが。

テーマは「札幌黄を使ったイタリアン」です。
「札幌黄」というのは玉ねぎの品種で、昔は札幌で多く作られていたそうです。
でも、傷みやすい玉ねぎということでだんだん買われなくなってしまいました。
買われないなら作らないよと生産量がどんどん減ってしまい、今では幻の玉ねぎと呼ばれているそうです。
9月〜11月のこの時期にしかスーパーにも並ばないんですよ!

教えてくださったのは、松田真枝先生です。
北海道で放送されている夕方の情報番組イチオシ!の料理コーナーに出演なさっているそうです。
ハキハキしてさっぱりとした笑顔のステキな先生です☆
続きを読む »

「ハウス パラッと旨炒めペースト」を使った、鶏肉と小松菜の炒め物

鶏肉と小松菜の炒め物

モニターで頂いた「ハウス パラッと旨炒めペースト」のガーリック味を使って、簡単な炒め物を作りました。
本当ならペーストをフライパンに出してから材料を炒めるのですが、鶏むね肉をしっとりと仕上げたかったので下味付けに使いました。
何も処理をせずに焼いた時よりもフワッと柔らかく炒め上がりました♪

余った炒め物に半熟に炒めた卵をプラスしたらすごく美味しかったので、最初から入れるのもオススメです!
炒め料理レシピ

続きを読む »

▲ページの先頭へ戻る