ヘッダー画像

シャトルシェフでじゃがいもを茹でた

今朝は、昨日届いたシャトルシェフを早速使ってみました。
まずはお試しということで、じゃがいもを丸ごと茹でました。
直径5センチ位の小ぶりな新じゃがなので、皮ごと茹でることにしました。

  1. 皮についた泥をしっかりと洗ってから調理鍋に入れて、水をひたひたに入れます。
  2. そしてフタをして強めの中火にかけ、沸騰したら2分加熱。
  3. 火を止めて保温鍋に入れ、30分待ったら出来上がりです。

茹で上がったじゃがいもを見ると皮が割れていて、しっかりと火が通っているのがひと目見て分かりました。

水から火にかけたので、保温鍋に移すまでの時間は約12分でした。
普段はじゃがいもを丸ごと茹でるのに40分は火にかけていたので、ガスを使う時間が1/3以下に減った事になります!

茹でたてのお芋をじゃがバターで味見してみました!
中までしっかりと柔らかくなっているのはもちろんのこと、ちゃんとホクホクしていて、甘みがありました (๑˃̵ᴗ˂̵)

ガスや換気扇を使う時間がグッと減って、本当に光熱費の節約になりそうな気がしてきました!

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L 【3~5人用】 モカ KBF-3001 MC
サーモス(THERMOS) (2015-11-21)
売り上げランキング: 2,472

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る