ヘッダー画像

塩麹でやわらか鶏むね肉の洋風ソテー

IMAG0062

スパイス大使モニターで送っていただいた GABAN エルブ・ド・プロバンスを使用したレシピです。

ワインに合う料理レシピ

エルブ・ド・プロバンスとは、南フランスのプロバンス地方発祥のミックスハーブのことを言います。
メーカーによって調合しているハーブの中身は異なっていて、GABAN はタイム、ローズマリー、セージ、バジルが入っています。
調理の仕上げに振りかけるのではなく、調理の過程で使用するハーブです。

IMAG0064

今回は、チキンソテーの下味をつける際に使用しました。
少し加えるだけで、ヨーロッパ風の爽やかな香りをつけることができます。

IMAG0063

材料(2人分)

鶏むね肉 … 1枚(300g)
塩麹 … 大さじ1.5
GABAN ブラックペッパー(あら挽き) … 少々
GABAN エルブ・ド・プロバンス … 小さじ1/3
片栗粉 … 大さじ2
オリーブオイル … 大さじ1
酒 … 大さじ1

作り方

  1. 鶏肉をひと口大のそぎ切りにしてボウルに入れる。塩麹、ブラックペッパー、エルブ・ド・プロバンスを加えて馴染ませるようにもみ込む。ラップをかけて1時間ほど置く。
  2. (1)の袋に片栗粉を加えて全体に馴染むように混ぜる。
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、(2)の肉を並べる。中火にかけて焼き目がついたら裏返し、酒をふりかけてフタをし、弱めの中火で3分間蒸し焼きしたら出来上がり。

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る