ヘッダー画像

ピリ辛担々丼

担々丼

ピリッと辛い担々麺の肉みそをご飯に!

レシピブログとハウス食品のGABANスパイスプロジェクトという企画で、中華スパイスのモニターに当選しました!
五香粉、花椒、香菜の3種類のうち、
今回は花椒(ホアジャオ)を使ったレシピです。

材料(2人分)

豚ひき肉 … 150g
タケノコ … 50g
シイタケ … 1枚
温泉卵 … 2個
ちんげん菜 … 1/2株
長ネギ … 10cm
にんにく … 1かけ
ショウガ … 1かけ
干しエビ … 大さじ1
甜面醤(テンメンジャン) … 大さじ1
酒 … 大さじ1
しょう油 … 大さじ1
練りごま … 大さじ2
砂糖 … 小さじ2
花椒 … 小さじ1
ラー油 … 小さじ1
ご飯 … 茶碗2杯
【下味用調味料】
酒 … 小さじ2
しょう油 … 小さじ2

下ごしらえ

■長ねぎ、にんにく、ショウガ、シイタケ、タケノコをみじん切りにします。
■ちんげん菜は塩ゆでして、ざるにあげます。
■ひき肉に【下味用調味料】を軽くまぶします。
■干しエビは水で戻してみじん切りにします。(戻し汁はとっておく)

作り方

  1. フライパンを熱して油をひき、長ねぎ、にんにく、しょうが、干しエビを炒めます。
  2. 香りがしてきたらひき肉を加えます。肉の色が変わったらタケノコとシイタケを加えます。
  3. 全体に油が回ったら、酒、砂糖、テンメンジャン、しょう油を加えます。味がなじんだら、干しエビの戻し汁と水(足して100cc)を加えます。
  4. 煮汁が半量になるまで煮詰めたら、練りごま、花椒、ラー油を加えます。ひと煮立ちさせたら火を止めます。
  5. 器によそったご飯の上に(4)の肉をかけて、真ん中にくぼみを作って温泉卵をのせます。ちんげん菜を添えて出来上がりです♪

ひとことメモ

■花椒、ラー油はお好みで量を調節してください。
■練りごまは、中華調味料の芝麻醤(チーマージャン)でも、もちろんOK!

担々麺にトッピングされている肉味噌を
ご飯にのせたドンブリです。

テンメンジャン(中国の甘味噌)で甘みを
練りごまでコクを
ラー油と花椒で辛みを加えています。

途中までは肉味噌とご飯を一緒に食べて、
後半は温泉卵の黄身をつぶして混ぜながら食べると
2種類の味を飽きずに楽しめますよ♪

花椒は、中国の山椒です。
四川風麻婆豆腐によく使われています。

唐辛子は口の中が熱くなるような辛さで、
花椒は下がしびれるような辛さです。
特に粒のままだと、噛んだ時のしびれ具合がスゴいです(;_;)
ココだけの話、ちょっと苦手です。

今回の花椒は粉になっているので食べやすいです。
「噛んでしまって舌がビリビリ〜」なんてことになりませんから(*^_^*)
これなら気軽に使えそうです!

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る