ヘッダー画像

ウーピーパイ<スパイス大使>

今年のバレンタインのお菓子はウーピーパイと板チョコクッキーにしました。
ウーピーパイは、近頃ネットなどで目にすることが多くて気になっていたので…。
GABAN のバニラビーンズをふんだんに入れているので、香りが良く、時々プチプチとした食感も感じられます。

ちなみに、ウーピーパイの「ウーピー」って何かといいますと、デザートの中にウーピーパイを見つけると「whoopie(イヤッホー)!」と喜んでいた事から来ているそうです。
また、パイと言ってもアップルパイのようなサクサクの生地ではなく、どちらかと言うとケーキに近い食感のお菓子です。市販の「エンゼルパイ」や「チョコパイ」はここから来ているものなのかもしれませんね。

バレンタインスイーツの料理レシピ

材料(12個分)

板チョコ … 1枚(50g)
●薄力粉 … 80g
●ココアパウダー … 10g
●ベーキングパウダー … 小さじ1/2
バター … 40g
きび砂糖 … 30g
卵 … 1個
牛乳 … 大さじ2
GABAN バニラビーンズ … 1本
ミニマシュマロ … 36個

準備

  • バター、卵、牛乳を室温に戻す。
  • オーブンを180度に予熱しておく。
  • 湯煎用にお湯を沸かす。
  • 作り方

    1. ●の材料を合わせてふるっておく。バニラビーンズは包丁で縦に切り目を入れてサヤを広げ、種を包丁の背でこそげとっておく。
    2. 板チョコを割り、小さいボウルに入れて湯煎にかける。時々混ぜながら溶かす。
    3. 別のボウルにバターを入れ、泡立て機でクリーム状になるまで混ぜる。

      きび砂糖を加え、ふんわりするまで混ぜたら、

      (2)にチョコレートと(1)のバニラビーンズを加えて更に混ぜる。

    4. ツヤが出るくらい混ぜたら、(1)で合わせた●を3回に分けて加える。1回目と2回目、2回目と3回目のの間に牛乳を半量ずつ加える。その都度ゴムベラで混ぜあわせる。(ボウルの底から生地をすくい上げ、切るように混ぜる)

    5. 生地を1センチの丸い口金をつけた絞り袋に入れる。天板にオーブンシートをしき、直径4センチの丸型に絞る。

    6. 180度のオーブンで10分焼いたら、取り出して冷ます。
    7. 粗熱が取れたら天板にケーキ12枚を裏返しに置き、ミニマシュマロを3個ずつのせる。

      マシュマロをのせる

      オーブンで3〜5分間焼く。(マシュマロがふくらむまで)

    8. 残りのケーキを(7)にかぶせ、マシュマロが全体に広がるように押さえたら出来上がり。

    ・丸い口金がない時は、絞り袋を切りっぱなしで使ってもOKです!私は切りっぱなしで作りました。ちょっと絞りにくかったけど…。絞り袋がない時は、ジップロックのような保存袋の角を切っても代用できます。
    ・絞った後、生地を平らにならしたい時は、指に水をつけて撫でてあげるといいです。乾いた指だと、生地が指にくっついて、余計にイビツになります(汗)
    ・マシュマロは、大きめのものでも大丈夫です。大きすぎる時はカットして使うなどしてください。
    たくさん作りたい時は、絞る時の円を小さくしてください。その時はマシュマロの数を減らしてくださいね。
    ・全部均等な大きさにするなら、オーブンシートにマジックで円を書き、それを目安に絞るといいです。大きさがかなり揃います。絞るときは、オーブンシートは裏返しにしてくださいね。

    ブログランキングに参加しています


    キーワードタグ

    前後へのリンク

    コメント




    ▲ページの先頭へ戻る