ヘッダー画像

イチゴのカスタードサンド

先日、立派なあまおうをたくさん頂きました!
娘がイチゴのサンドイッチを食べたいと言ったのを思い出したので、手作りカスタードクリームでサンドイッチを作りました。
カスタードクリームは、ふつうは卵黄のみを使って作るのだけれど、卵白の使い道に困るので全卵で作ります。卵白が入る分、色は少し薄めです。
でも、味はきちんとカスタードクリームなので問題なしです♪
朝食用に作るなら、前日の夜にクリームだけ作っておくといいですよ。
寝てる間にクリームが冷えて、時短になります。

せっかくなので、オープンサンドとふつうのサンドイッチの2種類作りました。
フルーツのオープンサンドはインスタグラムでよく見かけて気になってたんですよね。イチゴやキウイ、オレンジなどの色々なフルーツを組み合わせていてとっても可愛いのです。

今日は他のフルーツが無かったので、イチゴだけのオープンサンドです。やっぱり、イチゴだけだと寂しいなー。でも、食べたときにあまおうを堪能できたので良かったです!

イチゴとカスタードのサンドイッチは、クリームたっぷり★
ホイップクリームも一緒にはさんで、ダブルクリームにしても豪華で美味しいと思います。我が家は、娘が生クリームをそこまで好きではないので、省略しました。

甘酸っぱくてジューシーなイチゴと、まったりとしたクリームのバランスがよくて、何個でも食べたくなります。
娘も「これこれー!これが食べたかったの!」と大喜び。
が、「まぁ、本当はクロワッサンが良かったんだけどねー」とも言っていて…。
母、リサーチ不足でした(^^;)

「クリームが既製品じゃなくて嬉しいなー。今度はクロワッサンで作ってね!」
褒め上手な娘です。また作ってあげたいなー。

材料(2人分)

サンドイッチ用食パン … 6枚
イチゴ … 12個程度
 ※大きさによりますが、1パックあれば十分間に合います。
<カスタードクリーム>
全卵 … 1個
グラニュー糖 … 50g
薄力粉 … 大さじ2
牛乳 … 200cc

作り方

  1. カスタードクリームを作ります。
    小鍋に卵を割り入れてとく。グラニュー糖を加えて、泡立て器ですり混ぜる。
  2. 全体にしっかりと混ざったら、薄力粉を茶こしなどでふるい入れてよく混ぜる。
  3. 粉っぽさがなくなったら牛乳を少しずつ加えながら混ぜる。全部混ぜたら弱火にかける。
  4. ゴムべらに持ち替えてよく混ぜる。フツフツとしてとろみがしっかりとついたら、バットに流し入れる。あら熱がとれたらラップをかけて冷蔵庫でしっかりと冷やす。
  5. オープンサンドを作ります。
    パンを2枚並べて、カスタードクリームを塗る。3ミリの厚さで輪切りにしたイチゴをバランスよく並べる。
  6. はみ出したイチゴをパンに沿って切る。オープンサンドを4つに切り分けたら出来上がり。
  7. サンドイッチを作ります。
    パンにカスタードクリームを厚めに塗る。半分にカットしたイチゴを並べて、すき間にもクリームをおく。
  8. もう一枚のパンにもクリームを厚めに塗り、イチゴがのったパンにのせ、上から少し押さえてクリーム同士を密着させる。
  9. 同様にもう一つ作り、対角線上にカットしたら出来上がり。

1時間ほど冷やすと、パンとクリームが馴染むし、冷え冷えで美味しくなりますよ♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る