ヘッダー画像

「モランボン」のチャプチェで卵とじ丼

レシピブログ経由で、モランボンの「韓の食菜」シリーズから「チャプチェ」「塩チャプチェ」「豚キムチ」を頂きました。

おうちで手軽に韓国料理。人気のチェプチェをつくろう!というテーマで、チャプチェの簡単なレシピを考えます。

まずは間違いなく相性の良い、玉子を使ったレシピです。

基本のレシピよりも汁気を多くし、玉子でとじるだけの簡単な丼ものです。
野菜を多めに入れて卵とじにしたので、1パック2〜3人前を4人前に増量できました。

調理していて感じたのは、作りやすさです。
春雨が通常の半分くらいに短くカットされているので、そのままフライパンに入れてもはみ出ないのです。
ソースに野菜(たけのこ、にんじん、椎茸、キクラゲ)が入っているのも嬉しかったです。

韓国料理だけど、日本でいうすき焼き丼みたいな雰囲気で、すき焼きが好きなら間違いなくおすすめです!
思っていたよりも辛くなかったので、娘(小学2年生)も美味しく食べられたようです。
玉子でとじてまろやかになったのが気に入ったようで、お代わりまでしてました。
夫も「美味しい美味しい。料理の素はこんなに進化してるんだね」と感心していました。
家族全員、チャプチェのトリコになりそうです。さすがはモランボンさん。

材料(4人分)

モランボン「チャプチェ」 … 1パック
豚ひき肉 … 200g
ピーマン … 2個
パプリカ(赤) … 1/2個
新玉ねぎ … 1/2個
水 … 200cc
ごま油 … 大さじ1
玉子 … 2個
細ネギ … 適量
粗挽きブラックペッパー … 適量
ご飯 … 適量

作り方

  1. ピーマン、パプリカは細切りにする。新玉ねぎはスライスする。
  2. 熱したフライパンにごま油をひき、ひき肉を炒める。色が変わってきたら新玉ねぎ、パプリカを加えて中火で炒め合わせる。
  3. 全体に火が通ったらピーマンを加え、水、春雨、調味液を加え、3分ほど炒め合わせる。
  4. ごま油(小さじ1)と溶き卵を回し入れて、フライパンを少し揺すって全体に玉子を行き渡らせたら火を止める。
  5. 丼にご飯を盛り、チャプチェをかける。小口切りにした細ねぎを散らし、粗挽きブラックペッパーをかけたら出来上がり。

卵を2個使用しましたが、もっと卵感があっても良かった。今度は3個にしよう。

本来ならお肉は細切りにすることが多いのですが、今回はひき肉を使用しました。
スプーンですくうたびにお肉が食べられて得した気分になります。

もうひと袋のチャプチェはまたご飯に合わせたものにしようと思います。
どんな仕上がりになるか楽しみだなぁ。

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る