ヘッダー画像

鶏肉と舞茸のゴルゴンゾーラパスタ

鶏肉と舞茸のゴルゴンゾーラパスタ

ゴルゴンゾーラ初体験の彼も美味しいと言ってくれたパスタです。
青カビチーズの独特の風味が控えめになってます。

材料(2人分)

ショートパスタ(ファルファッレ) … 200g
鶏もも肉 … 1/2枚
玉ねぎ … 1/2個
舞茸 … 1/2パック(50g)
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ … 50g
パルメザンチーズ … 20g
生クリーム … 200cc
オリーブ油 … 大さじ1
バター … 10g
塩コショウ … 少々
パセリ(みじん切り) … 適量

作り方

  1. 玉ねぎは縦に薄くスライスし、舞茸は一口大に手で裂きます。鶏肉は皮目を数箇所、包丁でプスプスと刺して、両面に軽く塩コショウをふっておきます。
  2. 大き目のお鍋にお湯を沸かし、お湯に対して1%の塩を入れてからパスタを茹でます。茹で汁は念のために100cc程度とっておきます。
  3. フライパンを熱して、弱めの中火で鶏肉の皮目から焼き始めます。ひっくり返したらフライパンの脇によせて余分な脂を拭き取ります。空いたところにオリーブ油をひき、玉ねぎと舞茸を入れて軽く塩をふってから炒めます。
  4. 鶏肉が焼きあがり、野菜がしんなりしたらいったん取り出します。鶏肉は一口大に切ります。
  5. (3)のフライパンを熱してバターを入れて、溶けたらゴルゴンゾーラを加えます。木べらで混ぜながら弱火でじっくりと溶かしたら生クリームを加えます。
  6. 生クリームが少しとろりしてくるまで煮詰めたら、(4)とパスタを加えて混ぜ合わせます。汁気が足りないようであれば、パスタの茹で汁を少し加えます。仕上にパルメザンチーズ、黒コショウを加えて出来上がり♪

ひとことメモ

ゴルゴンゾーラソースといえば
ペンネというパスタを使うことが多いですが、
今回はファルファッレを使ってみました。
他に、リガトーニを使ってもいいかと思います。

ファルファッレ(Farfalle)とは
イタリア語で「蝶」という意味で、
その名の通り、蝶の形をしたパスタです。
茹で上がったファルファッレは、
外側はやわらかく、中心はかためになり、
歯ごたえの違いが楽しめます。

さてさて、今回は、
初めてゴルゴンゾーラを食べる彼のために
ゴルゴンゾーラを少なめにして
その代わりにパルメザンチーズを加えてみました。

少しだけ青カビ独特の風味は残しつつ、
食べやすいものになったので
大人数に出したりするのに丁度いいと思いました。

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

にゃほ says: 2007年9月26日 9:45 PM

mikiさん、こんばんは!
ゴルゴンゾーラのパスタは、今までの私のイメージでは
あまり具を入れないものだったのですが、具沢山なのもいいですね^^ 
めちゃ美味しそう~ワインが欲しくなります。
久しぶりにこっくり濃厚なパスタ、作りたくなってきました。

miki says: 2007年9月27日 11:03 PM

★にゃほ さんへ
こんばんは!
先日は大変失礼しました(>_<) そうですよね! ゴルゴンゾーラのパスタってクリームソースのみで食べるイメージですよね。 でもチキンとよく合ってて、美味しかったですよ(^_^) カロリーを考えると頻繁には食べれませんが、 たまーにならいいですよね♪

コメント




▲ページの先頭へ戻る