ヘッダー画像

トマトのハーブ肉じゃが

トマト肉じゃが

ハーブの風味豊かな洋風肉じゃが

「GABAN」のハーブを使ったレシピ、第2弾♪
今回は「オレガノ」と「バジル」を使って、
洋風肉じゃがを作りました。

材料(2〜3人分)

じゃがいも … 2個 牛肉(薄切りor切り落とし) … 100g ニンジン《いちょう切り》 … 1/3本 玉ねぎ(小)《くし切り》 … 1個 にんにく《みじん切り》 … 1かけ オリーブ油 … 大さじ1 水 … 200cc ホールトマト … 200g 砂糖 … 小さじ2 白ワイン … 大さじ2 塩コショウ … 少々 バジル(ドライ) … 小さじ1 オレガノ(ドライ) … 小さじ1

下ごしらえ

・じゃがいもの皮をむいて、大きめ(約3センチ角)に切って水にさらします。
・牛肉は一口大に切ります。

作り方

  1. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて、弱火で熱します。
  2. にんにくの香りがしてきたら牛肉を加えて塩こしょうをふり、中火で炒めます。
  3. 牛肉の色が変わったら玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加えて、全体に油が回ったら白ワイン、砂糖、水、ホールトマトを加えます。
  4. 煮立ってきたらアクを取り、フタをして中火で約15分間煮ます。
  5. じゃがいもが柔らかくなったら、フタを取って煮汁が少なくなるまで煮ます。バジル、オレガノを加えたら出来上がりです♪

ひとことメモ

■ 仕上げの時に味見して、お好みで塩こしょうを加えます。
(ハーブの風味があるので、薄味の方が好きです。)
■今回使ったじゃがいもはメークイン。水分量が多くてしっとりしてますよ。
ホクホクしてるお芋が好きな人は男爵いもがオススメ。

肉じゃがの始まりは明治時代と言われています。
軍人の東郷平八郎が、イギリス留学中に食べたビーフシチューに似せて作らせたというのが有力な説だそうです。
肉じゃがの始まりが洋食だったなんて意外でした!

バジルもオレガノもトマトに合うハーブなので、
この煮物にピッタリでした。

★GABANのスパイスで3種類のレシピを作りましたが、
一番のお気に入りはバジルでした!!
今までのドライバジルと違って、香りが強くて美味しかったです。


GABAN バジル、オレガノ、ローズマリーを使ったレシピにトライ♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

honey* says: 2008年3月2日 9:03 PM

mikiさんお久しぶりで~す♪ただいま、まとめ読みさせて
いただきました。どれも美味しそうでよだれもんです(笑)
これ、とっても美味しそうなんで私も是非トライしてみますね♪
今すぐにでも作りたい勢い・・・な程食べてみたいっ!(はは)
作り方の説明が丁寧なので、毎度助かります(感謝感謝)

miki says: 2008年3月3日 10:03 PM

★honey*さん♪
こんばんはー!
こちらこそお久しぶりで〜す。
もう、すぐにでも作っちゃってください!(≧▽≦)
同じ肉じゃがの材料でも、ホールトマトとハーブを加えると
ぜんっぜん違うものになるんですよ〜。←当たり前かー(^_^;)

作り方の説明、くどくないかいつも心配になるんですけど、
そう言ってもらえて、すごくウレシイです!
ありがとうございま〜す(*^_^*)
これからも丁寧な説明を心がけます♪

コメント




▲ページの先頭へ戻る