ヘッダー画像

クミンでエスニック風味に「パプリカのツナマヨ炒め」【スパイス大使】

2016-05-19-09-57-28

おはようございます。
今日の札幌は4月くらいの肌寒さです。もう6月だというのに!
近所の銀杏の木も元気がなかったような気がします(´・ω・`)

そんな寒さを吹き飛ばすにはスパイス料理がうってつけです!
スパイス大使のモニターレシピ。今日はクミンを使った炒め物です。

じっくりと蒸し焼き(炒め?)しているので、パプリカが甘くなっています(๑´ڡ`๑)
親しみやすいツナマヨ味なので、クミン風味に慣れていなくても食べやすいと思います(^_^)v

2〜3日は冷蔵庫保存できるので、作りおきのおかずにもなりますよ。

アジアン料理レシピ

材料(4人分)

パプリカ(赤・黄) … 各1個
ツナ缶 … 1缶
オリーブオイル … 大さじ1
酒 … 大さじ1
GABAN クミン<ホール> … 小さじ1
GABAN あらびきガーリック … 小さじ1/2
(もし無ければみじん切りのニンニクを1片分でもOK)
マヨネーズ … 大さじ2
塩 … 2つまみ
GABAN ブラックペパー<パウダー> … 少々

作り方

  1. パプリカのヘタと種をとり、3〜5ミリの細切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル、GABAN クミン<ホール>、GABAN あらびきガーリックを入れて弱火にかける。油が温まってクミンの香りがしてきたらパプリカを加え、塩(ひとつまみ)をふって軽く炒める。
  3. 中火にして酒を加えたらフタをして7分間蒸し焼きにする。時々様子を見て混ぜる。
  4. 缶汁を切ったツナ、マヨネーズを加えて1分間炒める。塩(ひとつまみ)とGABAN ブラックペパー<パウダー>で味を調えたら出来上がり♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る