ヘッダー画像

エビ&ポテトマヨ

居酒屋じゃなくて、ダイニングバーみたいなところによくあるエビマヨが大好きで、その味を再現しようとして作ったものです。
エビは高いし、冷凍庫にあまりたくさんなかったので、ポテトを入れてボリュームアップ!
それはそれで美味しかったです。お腹いっぱいになりますしね。
これはエビを買うたびに作ってしまいそうなおかずになりました。

材料(2人分)

◆むきえび 8尾
◆じゃがいも 1個
◆塩こしょう 少々
◆白ワイン 小さじ1
◆卵白 1個分
◆薄力粉 大さじ1
◆片栗粉 大さじ1
◆揚げ油 適量
◆マヨネーズ 大さじ3
◆ケチャップ 大さじ1/2
◆はちみつ 小さじ2
◆コーヒーのポーション 3個(又は牛乳か生クリーム大さじ1)
◆キャベツ 2枚

作り方

(1)むきえびは塩少々と片栗粉小さじ1(分量外)で揉んでから水洗いをし、臭みをとる。えびの水気をキッチンペーパーで拭いて、塩コショウと白ワインで下味をつける。
(2)じゃがいもは皮をむいて、ひと口大に切って水にさらす。
(3)ボールにマヨネーズ、ケチャップ、はちみつ、ポーションを入れてよーく混ぜておく。
(4)フライパンに水気を拭いたじゃがいもを並べ、その上に揚げ油をじゃがいもがかぶるくらいまで入れて火にかける。中火で揚げ、じゃがいもに串がすーっと通るくらいまで柔らかくなったら火を強めてカラッと仕上げて取り出す。
(5)じゃがいもを揚げている間に、ボールで卵白を角が立つくらいまで泡立て、薄力粉と片栗粉を加えて、泡を潰さないように混ぜる。
(6)(5)に(1)のエビを加え、スプーンで衣ごとすくって1尾ずつ油に入れていく。衣がきつね色になるまで、中火で揚げる。揚がったら、冷めないうちにじゃがいもと一緒に(3)に入れて、まんべんなく混ざるように和える。
(7)千切りにしたキャベツをお皿にしいて(6)を盛り付け、パセリを散らして出来上がり♪

じゃがいもとエビが冷めてしまうと、和え衣となじまないので、油をきったらすぐに和えましょう。
卵白を泡立てる作業なんて、ホント何年かぶりにやったので腕が痛くなりました。
でも、美味しいものの為なら何のこれしき!と頑張れます。
なので、次も頑張ります。
ちなみに、古い卵の方が水溶性卵白が多いので泡立ちやすいです
卵も室温に戻しておいたものの方が早く泡立つんですよ。何でも新しければいいって訳じゃないんですね♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る