ヘッダー画像

クリスケットで小豆とクリームチーズのオープンサンド

モニターで「甘くないデニッシュ クリスケット」を頂きました。
クロワッサン風のアメリカンビスケットで、温めて食べると美味しいパンです。

2つに割ってから温めると、バターが染み出しているのが分かります。
この時点で食べてしまいたくなる衝動を抑えて、朝食作りです。
スイーツ系、食事系、どちらにも合う優れものです。

今回はまずスイーツ系の朝食にチャレンジ。

クリームチーズと茹で小豆のテッパンの組み合わせに、いちごソースで爽やかさをプラスしました。
材料さえ揃えばとても簡単にできますよ。

続きを読む »

「インカのめざめ」のミルクグリル

2016年度最後のスパイス大使のお題は、「アツアツがごちそう♪グリル&煮込み料理」です。

グリル&煮込み料理レシピ

どうせだったら、どっちもやってしまおう!と、煮込んでからグリルしました。
コトコト煮込んだお芋をスキレットに入れて、チーズをかけて焼き上げました。

玉子が半熟でトロトロだと、カルボナーラ風の味になります。

じゃがいもは、男爵でもメークインでも何でもいいと思いますが、私のオススメは「インカのめざめ」です。
栗みたいにホクホクしていて甘いお芋で、牛乳との相性もバッチリ。

今回使用したスパイスは、ローリエとオレガノです。
ローリエは煮込みの時に豚肉の臭い消しと、牛乳への風味付けに。
オレガノは玉子との相性が良いので、仕上げのグリルの時に使用しました。

続きを読む »

豆苗入り肉野菜炒め<スパイス大使>

スパイス大使のモニターで頂いたハウス スパイスクッキング<豆苗炒め>を使用した野菜炒めです。
豆苗だけではなく、お肉やお野菜を加えることでボリュームアップし、ご飯のおかずに適した一品になります。
もちろん、お酒のおつまみにも。
アジアっぽい雰囲気で、私好みの味でした。

豆苗はえんどう豆の若菜で、かつては高級な中華食材だったそうです。
今はスーパーで簡単に手に入る、どちらかと言うとお安い食材です。
いったんカットしても、根を水につけておけばまた芽が出てくるので、かなりお得です。
栄養価も高いので、どんどん利用したいものです。

バレンタインスイーツの料理レシピ

続きを読む »

ウーピーパイ<スパイス大使>

今年のバレンタインのお菓子はウーピーパイと板チョコクッキーにしました。
ウーピーパイは、近頃ネットなどで目にすることが多くて気になっていたので…。
GABAN のバニラビーンズをふんだんに入れているので、香りが良く、時々プチプチとした食感も感じられます。

ちなみに、ウーピーパイの「ウーピー」って何かといいますと、デザートの中にウーピーパイを見つけると「whoopie(イヤッホー)!」と喜んでいた事から来ているそうです。
また、パイと言ってもアップルパイのようなサクサクの生地ではなく、どちらかと言うとケーキに近い食感のお菓子です。市販の「エンゼルパイ」や「チョコパイ」はここから来ているものなのかもしれませんね。

バレンタインスイーツの料理レシピ

続きを読む »

チョコサンド米ぬかクッキー

日本米穀小売商業組合連合会さんから、レシピブログ経由で米ぬか、お米券2キロ分、しゃもじのセットを戴きました!

まずは、極しゃもじ(ブラック)ですが、使い心地が非常に良いです!

マーナ 極しゃもじ  ブラック
マーナ(MARNA)
売り上げランキング: 34,685

今回のモニターセットのおまけ程度にしか考えてなかったのですが、その考えを覆すほどです。

このしゃもじの良いところを書き出します。

・しゃもじにごはん粒が全くつかない。
・しゃもじが長いので、炊きたてご飯のシャリきりの時に火傷をしない。
・薄いのでご飯が潰れにくい。
・持ちやすい
・平置きした時に先端が浮くような構造になっている。
・ご飯をすくいやすい。

いい所だらけです。一気にわが家のレギュラーしゃもじに昇格しました!

また、2キロ分のお米券で北海道で一番有名で美味しいお米「ゆめぴりか」を購入。
せっかくなので、環境保全型農業で作られた Yes!clean 米にしました。
Yes!clean ラベルが付いているお米は環境の事を考えて作られていて、化学肥料や化学農薬の使用が少ないそうです。
北海道は大規模な農家がとても多いので、こういった取り組みが盛んに行われています。積極的に購入して応援したいです。

そして、米ぬかを使ったレシピですが、きなこやすりゴマを混ぜた香ばしいクッキーを作りました。
チョコレートをサンドして、子供も食べやすいおやつに。
バレンタインが近いので、ハートの型で抜いてみました。
小麦粉だけのクッキーと違って、腹持ちがとても良いです。
ビタミン、カルシウムなどの栄養価が高いので積極的に食べたいおやつです。

続きを読む »

▲ページの先頭へ戻る