ヘッダー画像

北ガス&ぎょれん「秋の味覚を楽しむ日本料理教室」を受講しました

先日、北ガスクッキングスクールで行われた「秋の味覚を楽しむ日本料理教室」に行ってきました!
ちなみに北ガスというのは北海道ガスの略称です。東京ガスの北海道版みたいなものです。

今回は、北海道漁業協同組合連合会(ぎょれん)さんと北海道米販売拡大委員会さんの協賛だったので、とっても受講料が安かったんです。
なんと1,000円でした!!
その影響か、お知らせが出始めた2日目に申し込んだのにもうキャンセル待ちという人気の高さ!
キャンセル待ちでもいいいのでと申し込んだら、運良くキャンセルが出て参加することができました。

メニューは、
・ほたての炊き込みご飯
・関西風大根の煮物
・秋鮭の照り焼き
・昆布の佃煮
・秋鮭のつみれ汁
の5つです。盛りだくさんですよね!

最初は、先生のお話や調理の説明があり、残りは5〜6人ずつのグループに分かれて調理をするという流れでした。
主に昆布、ホタテ、鮭、お米のお話をしてくださって、かなり密度の濃い説明でした。
でも、時々面白いエピソードをはさんだりだったので、ちっとも飽きる事がありませんでした。

私は初めての参加だったのですが、クッキングスクールに通われている方が同じグループにいたのでとても心強かったです。
時々先生やアシスタントの方が様子を見に来てくださるので、失敗する事もなく安心でした。

出来上がったお料理です。

ほたての炊き込みご飯
ぎょれんさんのご好意で、レシピの倍量のホタテが入ってます。
ホタテを加熱しすぎていないので、軟らかくてとっても甘かったです。

関西風大根の煮物
大根がとっても厚いです。一人5〜6センチはあって、ボリュームがあります。
昆布とかつおのおだしがよくきいていて、大根の上にとろろ昆布が載っているので、薄味なのにしっかりとした旨みを感じる事ができます。
同じグループの方と、「家だとこの半分位の厚さにしちゃうよね」とか「ついつい圧力鍋を使っちゃうのよ」など話してました。
じっくりと手をかけた煮物ってなかなか作る機会がないんだけど、たまにはやっておかないといけないなーって思いました。

秋鮭の照り焼き
オーブンで焼くだけの簡単な照り焼きです。
簡単だけどコツが色々あって奥の深い焼き物料理です。
照り焼きのたれを少しいただいて帰ったので、お肉を焼いたときにでも使おうかなと思います。

昆布の佃煮
だしをとり終わって、冷凍庫に溜めておいた昆布で作る佃煮です。
これがかなり美味しかったんです。
食べ切れなかった分を持ち帰ったのですが、娘も夫もすっごく気に入ってました。
常備菜にちょうどいいなと思いました。

秋鮭のつみれ汁
おだしがきいていて、優しい味がしました。
魚の臭みが全然なくて、美味しかったです。
フードプロセッサーでチャチャッと作れるのもいいですね!

和食はほとんど自己流でしたが、こうしてきちんとした日本料理を教わるのっていいですね。
知ってるようで知らない知識が満載でした。
だしもちゃんと自分でとらないとなーと反省しました。

これは、講座の後にいただいたお土産です。
昆布、鮭フレーク、ご飯と一緒に炊ける大豆、料理テキストなどなど。
格安の受講料で、こんなにたくさんのお土産をいただけるなんてありがたすぎます!
娘に見せたら、「豆ご飯、作ってね!」って言ってくれました♪

今度はおせち料理の講座があるのでまた受講してきます!
月末が待ち遠しいです♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る