ヘッダー画像

ひじきと豆腐のスープ

とろみスープで身体ポカポカ

先日のエントリーにたくさんのコメントを頂きまして、本当にありがとうございます!!
1つ1つ、大切に読みました♪
皆さんのコメントを励みに安産めざして頑張ります☆

もうすぐ19週目。
だんだんお腹が大きくなってきましたよ♪
体調もかなり良くなったので、晩御飯作りも復活!
安産をめざした「安産ご飯」を中心に作ろうと思ってます。
今日はひじきが入った、とろみのあるスープです。

材料(2人分)

乾燥ひじき … 5g
絹ごし豆腐 … 150g
玉子 … 1個
細ネギ … 適量
水 … 400cc
鶏がらスープの素 … 小さじ2
しょう油 … 小さじ1/2
黒コショウ … 少々
水+片栗粉 … 各大さじ1

下ごしらえ

■ひじきは30分~1時間ほど水にさらして戻し、よく洗います。
■細ネギは小口切りにし、玉子は割りほぐします。

作り方

  1. 鍋でお湯を沸かし、鶏がらスープの素、ひじきを入れます。
  2. ひと煮立ちしたら、さいの目に切った豆腐を加えます。ふつふつとしてきたらしょう油と黒コショウで調味し、火を止めてから水溶き片栗粉を少しずつ加えます。
  3. もう一度火にかけて、沸いてきたら溶き玉子を回しいれます。玉子がふわっと浮いたら火を止めて、細ネギを散らして出来上がり♪

ひとことメモ

■玉子を入れるのは、スープにとろみをつけてから。
 ふわっとした出来上がりになりますよ♪
■ひじきは、芽ひじきよりも長ひじきの方が食べ応えがあってオススメ。
■味が薄すぎる時は塩を加えるとGood。
■仕上げにごま油を少したらすと風味もよくなります☆

ひじきには、鉄分、カルシウム、食物繊維がたくさん含まれていて、妊婦に嬉しい食材です。
妊娠してから、立ちくらみの回数が増えたので
鉄分は特に大事だな~と感じます。

あと、実はお豆腐にもカルシウムが豊富に含まれていて、
絹ごしよりも木綿の方が含有量は上なんです。
私は、絹ごし豆腐の「ツルッ」とした食感が好きなので
どうしても絹ごし豆腐を選んじゃうんですけどね(笑

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

りな says: 2008年11月10日 1:17 PM

以前より拝見させていただいておりました。
おめでとうごございます^^
ご結婚にベビーちゃんに、おべでたいこと続きですね♪♪
寒い日が続いています。お体に気を付けてくださいね。
元気なべビちゃんが産まれること、祈っています。

スープはあたたまるし、妊娠中のママさんにもやさしいですよね~^^
さっそく私もチャレンジしたいと思います。妊婦ではないですが・・貧血持ちなので…

kururin says: 2008年11月10日 9:16 PM

mikiさん

おお!なんて美味しそうなスープ!
冬には温かいスープが何よりのご馳走ですよね♪
ひじきは、いつも煮物にするくらいで、活用方法に乏しかった私ですが、
これはいいですね~!
早速、作ってみようと思います♪
実は、職場にも3ヶ月目の妊婦ちゃんがいるので
教えてあげたいと思います!!

miki says: 2008年11月11日 3:04 PM

★りなさん
コメントありがとうございます~♪
すごく嬉しいです!!

最近、本当に寒いですよねー。
厚着しまくってます(笑

りなさん、貧血持ちなんですね。
貧血はしんどいですよねー(>_<) これからも鉄分たっぷりのお料理を紹介していくので、気になるものがあったら試してみてください♪

miki says: 2008年11月11日 3:09 PM

★kururinさん
ホント、「突然何!?」っていうくらい寒い日が続いてますよね。
とろみのあるスープなので、身体がポカポカになりますよん♪

妊婦になったのを機会に、色んなひじき料理を考えていきたいです。

職場の方にも是非!
3ヶ月だとつわりがしんどいのかな?
これはツルッとしてるので食べやすくていいかもです☆

バジル says: 2009年1月10日 1:06 AM

 新年あけまして、おめでとうございます。
お身体、大丈夫ですか??
年始は挨拶まわりが大変だったのでは
ないでしょうか…

スープ、とっても美味しそうで、この間作ってみました☆

ほんと、素敵なレシピをありがとうございます(^^)/

 前回、突然かつ初めてのメールにも関わらず
丁寧なお返事、ありがとうございました☆

miki says: 2009年2月25日 9:06 PM

★バジルさん
こんばんは!!
いま、もう9ヶ月に入っていて、順調そのものですよん(^o^)

スープ、どうでしたか?
とってもあっさりしてたんじゃないでしょうか?
でも、ツルンとしてて私はお気に入りなんですよ♪

コメント




▲ページの先頭へ戻る