ヘッダー画像

照り照り角煮丼

kakunidon.JPG

いつも作るものよりも数倍早くできて美味しい角煮をご飯にのっけた丼です。
温泉卵をのせた事で、角煮のドロドロした脂っこさがまろやかになって美味しくできました。

材料(2人分)

◆豚バラブロック 400g
◆しょうが 1かけ
◆長ねぎの緑の部分 1本分
◆酒 200cc
◆しょう油 大さじ3
◆砂糖(できれば三温糖) 大さじ3弱
◆みりん 大さじ1
◆水溶き片栗粉 水大さじ3・片栗粉大さじ1
◆温泉卵 2個
◆万能ねぎ 適宜
◆ご飯 茶碗3杯

作り方

  1. 豚バラ肉は1~1.5cm幅に切る。しょうがは皮がついたままスライスする。
  2. (1)をフライパンで両面に焦げ目がつく程度まで焼く。
  3. (2)の油をきってお肉を鍋に移し、水、酒、しょうが、長ねぎを入れて中火にかける。�々あくをすくいながら、沸騰してから20分煮る。
    kakunidon_katei.JPG
  4. しょうがと長ねぎを取り出し、砂糖としょう油を加えて落し蓋をして弱めの中火で煮る。
  5. 煮汁が1/3程度になったらみりんを回しいれて照りを出す。
  6. 丼にご飯を盛り、(5)のお肉を載せる。
  7. 残った煮汁の入った鍋を再び弱火にかけ、かき混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ加えて、加減を見ながらとろみをつける。
  8. (6)に(7)をかけ、中心に温泉卵をのせる。小口切りにした万能ねぎを散らしてできあがり。

たれにとろみをつけて大正解!ひと手間かける価値はあります。
いつもは半日以上かけて作る角煮ですが、1時間足らずで出来る角煮も美味しいものです。柔らかさにおいては負けますが。。。
かな~りボリュームがあるので男性ウケすること間違いなしですよ♪

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る