ヘッダー画像

鶏肉と茄子の怪味風炒め【スパイス大使】

2016-04-11-18-58-38

今年度も4月が終わり、あれよあれよという間に5月に突入です。
4月で我が家の娘が小学生になりました。そんなバタバタとした中、2016年度のスパイス大使が始まりました。
今年で4年目!
毎年選んで頂いてありがたい限りです。

4月のテーマは「1日を元気にスタート!手早くおいしい朝ごはん」です。
GABAN ナツメグ<パウダー>
GABAN パプリカ<パウダー>
GABAN セボリー<パウダー>
スパイスクッキング<怪味チキン>
以上4点を送っていただきました。

朝ごはんの料理レシピ

今回使用したのは、スパイスクッキング<怪味チキン>です。
外袋に書いてある「四川生まれのやみつきになるおいしさ」というキャッチフレーズ通り、ピリ辛でご飯がどんどんススムおかずです。

晩ごはんにもよし、ご飯にのせて小どんぶりにした朝ごはんにもよし、お手軽ランチにもよし。
いつでも食べられそうな美味しさです。

2016-04-11-18-59-06

材料(2人分)

鶏もも肉 … 1枚(250g)
茄子 … 2本
ピーマン … 1個
★しょう油 … 小さじ1
★酒 … 大さじ1
★ごま油 … 小さじ1
スパイスクッキング<怪味チキン> … 1袋
サラダ油 … 大さじ1
レタス … 付け合せとしてお好みで

作り方

  1. ★を小さなボウルでよく混ぜあわせる。
  2. 鶏肉をひと口大に切る。茄子はひと口大の乱切りにし、5分間ほど水にさらしてからザルにあげてペーパーでよく拭く。ピーマンは2センチ角に切る。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、肉の皮目を下にして並べる。裏返したら茄子を加え、焼きながら炒める。(時々木べらで動かす程度)
  4. 茄子がしんなりして火が通ったら、ピーマンと(1)を加えてサッと炒めたら出来上がり。

お手伝いポイント(7歳児)

★(1)の調味料を合わせる。
子供が混ぜる場合、こぼれやすいので少し大きめの器にすると混ぜやすいです。
★茄子を切る。
ヘタにトゲがある場合があるので、注意を促します。
★ピーマンの種やヘタを取る
先に半分に切ってから渡し、手で取ってもらっています。

ブログランキングに参加しています


キーワードタグ

前後へのリンク

コメント




▲ページの先頭へ戻る