ヘッダー画像

日本は資源大国だった!?

ここのBLOGで、これは見過ごせない!というニュースを扱っているので、ちょっと真面目に書いてみます。

2004年5月28日、東京新聞・中日新聞にて中国が東シナ海において、日中中間線ぎりぎりの海域で、天然ガスを採掘する施設建設を進めていることが報道されました。
尖閣諸島を初めこの海域には、膨大な地下資源が眠っていると言われます。その埋蔵量は原油1000億バレル以上($39.40/バレル)、天然ガス2000億m3($6.68/mmBTU-100万英熱量単位)以上と試算されています。これは、イラク油田に匹敵する世界トップ3の埋蔵量です。
大まかですが、日本円に換算すると1000億バレル=640兆円、つまり、日本国民一人あたり約500万円!!

驚きです。
しかも、この油田はほとんどが日本の領土にあるらしいのですが、日本は調査すらしていないというのです。中国は施設の建設を進めているという��にですよ。完全に遅れをとっていますよね。
それでも政府も省庁も動かない。マスコミも一部新聞以外はまったく報道していません。中国との外交問題も絡んで、それぞれの事情があるのでしょうが、日本の国益を思えばそんな悠長なことは言っていられないと思います。
舛添要一議員らが何らかの打開策をとろうとしているようですが、これも外務省や経産省がもたもたしていて今のところうまくいっていないようです。
このままだと、私たちの何百兆円にものぼる財産が中国に根こそぎもっていかれるかもしれません。

国会議員は年金問題で色々な人を批判しあったり、牛歩作戦等のくだらないことをする暇があったら、こういう重大なことに取り組んでいただきたいです。
マスコミには、しっかりと事実を報道していただきたいです。
日本の国益、将来を考えるならば中国を恐れて国民を欺くのではなく、積極的にこの問題に取り組まなければならないと思います。

嘘のような信じがたい話ですが、テレビで報道されていないだけで現実に起こっている話です。
私たち国民が出来ることは何だろう。
私ができることは、こうしてBLOGに書くことで少しでも多くの人にこの事件を知って貰うことだと思い、記事にしました。他にも出来ることはやっていくつもりです。
私自身、今まで「政治不信という言い訳」で何も考えず何も動かずという人間でしたが、これはみんなで動かなければいけないことだなと感じました。

これを読んだ方は、この事件をどう思われますか?

ブログランキングに参加しています


前後へのリンク

takashiy says: 2004年6月12日 1:03 AM

TRACKBACKありがとうございます!
このニュースはそんなに意識していなかったのですが、考えてみりゃとんでもないことですよね。
政治家さんも挙げ足取りばかりしていないで、こういった「国」に関わることを真剣に考え動いてもらいたいものです。
気が付いたらもう手遅れってならないように・・・

mikichin says: 2004年6月12日 2:58 PM

そうですよね。
今の状態だと同じ土俵に上がることもままならないという感じですよね。
このまま中国に根こそぎ持っていかれると、日本経済にも大打撃を与えることになるでしょう。年金問題も大切ですが、そんな事言ってる場合じゃないです。日本の将来がかかってると言っても過言じゃないと私は思ってます。

hayate says: 2004年6月13日 11:26 AM

すごい事実ですね!びっくりです。
いろんな理由があるのでしょうが、やっぱり貿易の事情がいちばん大きいのではないでしょうか。

経済学で言われていることですが、石油を掘るのが得意(技術+コスト安)な国と、そうでない国の場合、得意な国に任せてしまったほうがいい、というのがあります。逆に石油を掘るのが得意な国が、製造が苦手な場合は、製造が得意な国が輸出し、石油を輸入する、という感じです。こういうのが世界中でやりとりされ、「得意なことは得意な人から」が貿易の基本のようです。

イギリスなんかは北海あたりで採掘していると思いますので、今後どうなるか興味しんしんですね。

mikichin says: 2004年6月13日 12:35 PM

hayateさん、コメントありがとうございます。

「得意なことは得意な人から」という意見ですが、この油田の場合、8割以上は日本の領土にあるのですから、日本が主導権を握るのが当然だと思うんですよね。
今のところそういった主張を日本がしておらず、中国は採掘施設を建設中で、日本の出方をうかがっているというような状態です。
このままマスコミが取り上げることもなく、政府も何らかの声明又は動きを見せない限り、資源を中国に根こそぎ持って行かれかねません。
資源が複数国の境界にまたがる場合、埋蔵割合に応じて関係国間で配分する必要が生じます。こういったことも無視され、日本が石油大国になることができるかもしれないというチャンスをも逃してしまうと思います。
ですから、輸入すればいいじゃないかということだけでは片付けられない問題だと私は思っています。

hayate says: 2004年6月13日 6:23 PM

mikichinさん、なるほど、大きな問題ですね。どうなるのか、今後ウォッチしてみましょうね。

mikichin says: 2004年6月14日 1:16 AM

そうですね。
必ず回りまわって間接的にでも自分に降りかかってくる問題だと思うので、この動向はしっかり見ていこうと思っています。
でも、このことを知らない人、知っていても重要視していない人があまりにも多いので、どうやったら知らせることができるのだろうと考えています。
また、どうしたら政治家や省庁が真剣に取り組んでくれるんだろうということも考えています。

よしぞう三等兵 says: 2004年6月17日 1:15 AM

こんばんは。初めまして。

こちらこそ、ありがとうございました。

この問題は、政府官庁、弱腰にも程があると思いますね。

我が国にとって大切な640兆円の資源が埋まっていることを、どうして国はちゃんと説明しないのでしょうかね。弱腰すぎて、事なかれで気付かない間に、中国に盗られそうな状態になっていたなんて、今更言われたって、納得できるわけがありません。

これは中国と日本のどっちのものかというよりも、日本のガ一方的に盗られそうになっている状態のようですね。これを阻止し、調査船や試掘をすぐ開始するのが我が国の「前提」でなければ国家主権と国民の財産は守れないと思います。

前日の日記にも、取上げたのですが、中国は日本のこの弱腰を馬鹿にしているようですよ。

我が国は舐められているだけだ、ということを政府と国民、ともに意識しなければならないと思います。

向こうは盗る気ですからね。
やるっきゃないです。

mikichin says: 2004年6月17日 8:44 PM

よしぞう三等兵さん、コメントありがとうございます。
中国ではマスコミが盛んにこのことを報道していて、政府の後押しをしているようです。
日本とは正反対ですよね。
日本のマスコミは何をしているのでしょうか。
呆れ果てるばかりです。

hideyuki says: 2004年6月24日 4:31 PM

<a href=”http://www.asahi.com/paper/editorial20040623.html”>http://www.asahi.com/paper/editorial20040623.html</a&gt;
朝日新聞やってくれます!
常軌を逸した気違い社説をご覧あれ。

mikichin says: 2004年6月24日 8:57 PM

ぇ。。。
中国の新聞かと思ったよ。
何で日本の不利になるようなことを書くんだろう。。。

コメント




▲ページの先頭へ戻る